• HOME
  • 当事務所の解決事例
  • 工事代金を一切支払わなかった業者に対して、強制執行により債権のほぼ全額を回収した事例
 

債権回収(未払請負代金)の解決事例

工事代金を一切支払わなかった業者に対して、強制執行により債権のほぼ全額を回収した事例   お金とお財布.jpgのサムネール画像
 

事案の概要

Aさんは、株式会社B社の内装工事を300万円(支払時期は、工事着手前に150万円、工事完成後に150万円というものであった)で行う請負契約を締結した。

B社は、工事着手前の150万円は支払ったものの、工事完成後の残金150万円を支払わなかった。Aさん自身、何度も残金を支払うようB社に連絡したものの、B社は無視し続けた。そこで、弁護士を立てて訴訟を行うこととした。
 

結果

未払請負代金のほぼ全額を回収することができた。
 

解決のポイント・解決までの流れ

訴訟自体は、証拠上契約の事実は明らかであったことから、速やかに終結し、当方の勝訴判決を得ることができた。
しかし、判決が出てもなおB社は未払代金の支払いをしなかったため、強制執行をする方針とした。

B社に強制執行を察知されて財産隠しをされないように、可能性のある資産に対しては請求債権を割り付けて、同時に強制執行を行うことにした。そこで、B社の預金債権に対する差押え、B社内の什器備品に対する動産執行を同時に申し立てた。

B社の代表者は、預金が引き出せなくなったことに気づき、相当慌てたらしく、その段階で初めて支払方法の交渉を持ちかけてきた。対応については弁護士とAさんで話合い、B社は信用できないことから強制執行を引続き続行することとし、まず差し押さえた預金から75万円程度が回収できた。

動産執行は、裁判所の執行官と弁護士でB社の店舗まで行き、価値の見込まれる財産を差し押さえた。その際、現金が25万円以上あったことから、それは差し押さえてそのまま持ち帰った。
差し押さえた動産は、その後、競売手続に進むため、弁護士においてリサイクル業者等に競売に参加してもらうよう連絡した。B社の代表者は、分割払いをするから動産執行を取り下げるよう弁護士に連絡してきたものの、これまでの経緯からB社は信用できないとAさんと再度確認し、強制執行は続行した。差し押さえた動産は、競売で50万円程度で売却できた。

解決までの期間

受任から1年4ヶ月

当事者の感想・様子

Aさんは未払代金が回収できたこと、B社が相応の報いを受けたことに満足している様子であった。

担当弁護士からのメッセージ(担当弁護士 小林健彦)

今回の事例は、執行において悩まされた事案でした。裁判所で勝訴判決を得たとしても、相手方が判決を無視する場合、強制執行によって権利を実現する必要があります。しかし、相手方の資産を特定するのは強制執行を申立てる側ですので、容易ではありません。   kobayashibengoshi.jpgのサムネール画像

今回の事例では、AさんがB社と取引があり、B社の預金口座のある銀行を知っていたこと、B社が会社であり、価値のある資産を有していたことから、強制執行が上手くいきました。
裁判を起こすことに費用や労力の点から抵抗のある方は多いかと思いますが、本件のように順調にいく場合もありますので、是非一度ご相談ください。

債権回収についてもっとお知りになりたい方はこちら

●債権回収・売掛金の回収
●取引先が破綻した場合の対応について
弁護士に依頼するメリット  

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

久留米市の無料法律相談のご予約
メールでのお問い合わせはこちら
推薦者の声
お客様の声

離婚相談表.png

 

相続相談表.png

koutsujikobana-.png

Contentsmenu

Access map
Google+

対応地域

福岡県

福岡市、久留米市、小郡市、朝倉市、筑後市、大川市、うきは市、三潴郡大木町、八女市、八女郡広川町、三井郡大刀洗町

佐賀県

鳥栖市、神埼市、三養基郡みやき町
 
Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。