交通事故の解決事例

相手方の保険会社を説得し、1年近くに及ぶ入院代金の支払いを認めさせ、
主治医との面談を重ねた上で後遺障害診断書を作成し、被害者請求を代理で行い、後遺障害7級を獲得した事例。
  ac1772a418f682531c121ab0c794a55e_s.jpg

事案の概要

自動車(相手方)と原動機付き自転車(当方)が接触し、当方が大腿骨などを骨折した事案。
当方がご高齢だったこともあり、事故後の入院期間は1年弱に及び、症状固定となったが、元通り歩くことは出来ず、車椅子が必要な状態のままの症状固定となった。

結果

加害者の保険会社病院代を直接病院に支払うという対応(いわゆる一括対応)は1年近くに及んだ。
加害者の自賠責保険に対して被害者請求を行った結果、後遺障害7級が認められ、自賠責保険だけで1000万円を超える支払いを受けることが出来た。

解決のポイント・解決までの流れ

加害者側の任意保険会社は一般的に適当な期限を定めて、治療期間を打ち切り、早々に症状固定を行うように指示してくることがある。
これに対して、早期の段階から代理人弁護士を立て、治療継続の必要性を訴えていくことで、治療の打ち切りを防ぐことが出来る場合がある。本件では、相手方の保険会社の担当者とも頻繁に連絡を取り合い、入院の継続及び一括対応の継続の必要性を訴え続けたことにより、充分な治療を行って頂く事が出来た

充分な治療期間を置いて頂いたものの、大きな事故だったため、ご依頼主の足には後遺障害が残った。
この後遺障害の症状を訴えるために作成するのが後遺障害診断書である。
後遺障害診断書は、自賠責保険の調査事務所が後遺障害の認定する上での認定基準に沿うような形で医師に記載してもらわないと、実態を反映した後遺障害の認定を受けることが出来ない。

ところで、医師という職業は、後遺症無く患者を治療するというのを目的とする職業であるため、医師によっては、患者の後遺症について適切かつ詳細に診断書に記載してくれないことがある。また、後遺障害の認定基準を意識しながら診断書を作成してくれる医師は非常に少ない。

そのため、ご依頼主と医師との面談に同席し、弁護士が適宜医師に認定基準の説明をしながら診断書を作成してもらうことが非常に有用である。

本件でも、後遺障害診断作成の場面においては、当職も医師と面談し、認定基準を意識して診断書を作成してもらい、その結果を被害者請求し、納得のいく後遺障害の認定をもらうことが出来た。

解決までの期間

受任から示談まで1年6ヶ月程度

当事者の感想・様子

相手方の保険会社の担当者とのやりとりがご依頼主にとってはストレスになっていたようで、まずはその負担を取り除いたことについて感謝いただきました。
病院に同行した事、納得のいく後遺障害等級が認められたことなど感謝いただきました。

担当弁護士からのメッセージ(担当弁護士 松﨑広太郎


 交通事故において、治療が終了した時点から弁護士が関与することが一般的かとは思いますが、初期の段階から弁護士を入れることで、一括対応打ち切りの対策や、適切な診断書の作成が出来ます。   松崎先生.PNG
そのため、事故から間もない時期でもどうぞご遠慮せずに当事務所にご相談いただきたいと思います。
 なお、弁護士特約の適用がなくとも、弁護士費用の後払い等ができる場合もありますので、お気軽ご相談ください。
 

その他の解決事例はこちらからご覧下さい。

No
解決事例の内容
1
 保険会社提案額の倍額の休業損害を認める和解が成立した事例
2
 症状固定後後遺障害13級の70代女性が保険会社提案額よりも大幅に増額して
 和解が成立した事例
3
  幼児の症状が重篤で醜状痕が残った事案で賠償額を増額し4ヶ月で解決した事例
4
  7ヶ月の通院治療の治療費打切りをいわれたが弁護士の交渉により当方の請求額
  に沿った和解が成立した事例
5
 30代男性被害者死亡のため遺族が訴訟を提起し保険会社提案額より増額し
 1100万円で和解が成立した事例
6
 相手方の子どもの行為による車の損傷について賠償する和解が成立した事例
7
 事故による車両損害額を増額して和解が成立した事例
8
  頸椎捻挫を負う事故で定年退職をした主夫の男性の休業損害が認められた事例
9
  肋骨骨折、頸椎ねんざ、腰椎捻挫を負った非該当事案の異議申し立てで後遺障害
  等級14級を獲得し逸失利益と慰謝料の賠償を受けた事例
10
  専業主婦の被害者が保険会社提案額よりも増額して慰謝料と休業損害を得ること
  ができた事例
11  無保険の相手方に訴訟提起した直後に当方の提案に添う内容の和解できた事例
12  高齢者が交通事故に遭い死亡した事案で,死亡による逸失利益が肯定され,慰謝料
 も大幅な増額が認められた事例
13  腰椎圧迫骨折による後遺障害等級11級7号がに該当するが、逸失利益の支払いを保
 険会社が拒否したため交渉を行った事件
14  相手方の保険会社を説得し、1年近くに及ぶ入院代金の支払いを認めさせ、主治医との面談を重ねた上で後遺障害診断書を作成し、被害者請求を代理で行い、後遺障害7級を獲得した事例。
15  頚椎捻挫後の頸部痛,両肩痛,腰痛,及び四肢のしびれ,並びに仙骨骨折後の仙骨部痛について,後遺障害等級14級9号に該当するとされた事例
16  相手方の保険会社と交渉し,家事手伝いに休業損害を認めさせた事例

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

久留米市の無料法律相談のご予約
メールでのお問い合わせはこちら
推薦者の声
お客様の声

離婚相談表.png

 

相続相談表.png

koutsujikobana-.png

Contentsmenu

Access map
Google+

対応地域

福岡県

福岡市、久留米市、小郡市、朝倉市、筑後市、大川市、うきは市、三潴郡大木町、八女市、八女郡広川町、三井郡大刀洗町

佐賀県

鳥栖市、神埼市、三養基郡みやき町
 
Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。